行政書士と司法書士の“ダブルライセンス”は可能?

不可能ではないが、そもそも「ダブルライセンスの必要があるか」を要検討

行政書士や司法書士に限らず、複数資格の取得を狙う“ダブルライセンス”に魅力を感じる方は多いと思います。
法律系士業資格におけるダブルライセンスのメリットとしては、「業務範囲が広がる(顧客のニーズに対し、ワンストップでの対応が可能になる)」「営業の際のアピールになる」等があると思いますが、実際に難易度の高い士業資格を複数取得するとなれば、容易なことではありません。また、せっかく何かしら実務につながる資格を持っているのに、それをすぐに活かさず結果的に常に受験ばかり・・・というのも、本末転倒のような気がしてなりません。
今現在、「ゆくゆくは行政書士と司法書士のダブルライセンスを狙いたい」と目論んでいる受験生は、今一度、「士業資格を取得して何をしたいのか」「目標を叶えるためにダブルライセンスが本当に必要なのか」について、しっかりと考えてみてはいかがでしょうか?

3c8d147312ada2a220e1a3f1dca17127_s

「資格」は本当に問題を解決してくれるわけではない

確かに、既に行政書士や司法書士として開業している実務家の中にも、ダブルライセンスで幅広く業務を扱う方は多くいらっしゃいます。行政書士と司法書士の組み合わせ以外にも、社会保険労務士や中小企業診断士、税理士、会計士等、士業のダブルライセンスの例は挙げればキリがありません。
ですが、いくつも資格を持っていても一向に仕事が来ないケースは多々あります。その場合、営業活動が下手だったり実務経験のなさが不安な態度として出てしまったりと、知識や保有資格以外の要素に問題があるもの。いつまでも仕事を取ることができないと、「もっと資格を取得して」とか「知識を高めなければ」等とますますダブルライセンス、トリプルライセンスに固執する方も多いのですが、これはいわば間違った方向へのアプローチであると言えます。重要なのは、過剰な“知識(資格)武装”に走ることではなく、仕事がとれない“本当の原因”に目を向けること。人それぞれに課題は異なりますが、例えば営業のやり方を工夫することだったり、自信を持って顧客と接することだったり等が挙げられるでしょう。
資格さえ持っていれば、仕事につながるとは言えません。むしろ、むやみに資格を取得し続けることで、本来の問題に対応できなかったり、実務家としての歩みが遅れたりといった弊害もあるのではないでしょうか?


ダブルライセンスを目指すなら、「段階を踏むこと」

ダブルライセンスの問題点は理解した上で、それでも「自分は目指したい」という方は、ぜひその「段階」に注目してください。
まず、行政書士や司法書士レベルの難関のダブルライセンスを、短期のうちに目指すのは無謀です。結果的に「どちらも取得できなかった」では元も子もありません。「ますは行政書士、その後2年ほど準備して司法書士」というように実現可能な範囲で計画を組み、戦略的に狙ってまいりましょう。
また、ひとまず先行して取得出来た資格で開業する場合、開業当初に新たな資格取得を目指すのはお勧めできません。確かに、まだ仕事のない状態のうちにダブルライセンスを狙ってしまおうというのも一つの手ではあります。しかしながら、開業したばかりの段階には、その業界でやるべきこと、学ぶべきことがたくさんあります。また、「分からないことを先輩に聞く」「先輩から仕事を紹介してもらう」等は開業当初だからこそ許される行為です。新しいことばかりに目を向けるのではなく、目の前の仕事に集中することも時には必要。更なる資格取得で自信をつけたい気持ちは分かりますが、その時々にすべきことを大切にする心がけもまた、重要だと思います。



現役行政書士30名が語る「資格取得のメリット」とは?

>>【特集】行政書士の実務インタビュー(提供:フォーサイト)