「出題される箇所だけ」をピンポイントで習得しよう

行政書士試験攻略のカギ ~学習編

行政書士試験に限ったことではありませんが、一般的に難関国家資格と呼ばれる資格試験の対策については共通して当てはまる「試験対策のコツ」のようなものがあります。
その代表的な例をひとつ挙げるならば、学習面においては「出題されるポイントのみに的を絞ること」。つまり、試験範囲のすべてをマスターしようというのではなく、過去の出題傾向から“毎回問われるポイント”を抽出し習得する、というやり方が合格の肝になると言えるのです。

 初めて資格学習を始められる方にとっては、このようなポイント学習に抵抗感があるかもしれませんね。
テストでは昔から「ヤマ当てはよくない」とされてきたでしょうから、試験範囲をすべて完璧にしないと気が済まないという受験生も、少なくはないと思います。
ましてや、大人になってからあえて行政書士試験のような難関資格に挑戦される真面目な方々にとってみれば、言語道断な学習法かもしれません。

 ですが、資格試験の場合、受験生に必ず押さえて欲しいポイントが決まっており、毎回の試験で同一の論点が手を変え品を変え出題されているという背景があります。こうした傾向がある以上は、やはり出題実績に沿った対策を進めていくのが最も効率の良いやり方であり、合格への近道であることは言うまでもありません。
また、学生時代の定期試験とは比べものにならないくらい、膨大な試験範囲が設定されている資格試験においては、むしろ学校の試験と同じようなやり方では通用しないというのも事実。よって、定期試験対策とは別物の学習法を検討すべきなのです。

   しかしながら、いくら傾向対策といえども、受験の素人が勝手に覚えるべきポイントを集約するのは得策とは言えません。
長年の出題傾向を分析して初めて、覚えるべき箇所とそうでない箇所を選別することが出来るのです。
こうした観点からも、行政書士試験対策には独学は不向きであり、やはり専門の講座で学習を進めるべき理由があると言えるのではないでしょうか。



現役行政書士30名が語る「資格取得のメリット」とは?

>>【特集】行政書士の実務インタビュー(提供:フォーサイト)