行政書士試験は独学でも合格できる?

独学受験は、膨大な時間と労力のロスを覚悟して!

資格試験を受験する際には、試験対策として通信講座を受講するか、
または資格予備校に通学するか、あるいは自力でテキストをかき集めて独学するか、選択を迫られることになります。

書店には資格試験用のテキストがたくさん並んでいますし、ネットでも簡単に購入することができますから、独学で試験勉強を始める人も多いでしょう。
確かに、独学は気軽に始められることがメリットのひとつではあるのですが、この方法で簡単に合格できるかというと、必ずしもそうとは言い切れません。
独学で合格するためには、幾多の困難と乗り越えなければならない壁があるのです。

その障壁のひとつが意外なところにあります。
簡単だと思われていた、“テキスト選び”です。
独学の人が試験勉強を始めるために、法令科目や一般知識をカバーするテキスト、問題集、模擬試験など、そろえなければならない資料はたくさんあります。それらの資料を一冊一冊吟味して選び、いざ勉強を始めてみると「イマイチわかりにくいな…」などと気が付くことも。良くなかったテキストを買いなおしたり、苦手な科目のテキストを買い足したり…ということを繰り返しているだけで、あっという間に時間が過ぎてしまいます。

さらに、苦労して選んだ市販の参考書が、実は通信講座などのテキストなどに比べてかなり劣っていることが多いのも問題。
市販の参考書の多くが、大手の資格予備校などが宣伝を兼ねて作っているもので、その中にすべての受験のノウハウを詰め込んでしまえば、予備校の受講生が減ってしまうことになるわけです(市販のテキストだけで合格できるのであれば、だれも高いお金を払ってまで講座を受講しませんよねえ…)。ですから、市販の参考書はあえて物足りない内容になるように作られているようなのです。

ここで紹介したのは、独学者が乗り越えなければならない障壁のほんの一部。
合格への道のりには、このほかにもさまざまな問題が待ち受けていて、それらをすべて自力で解決していかなければならない、まさに孤独な戦いです。
独学は始めるのも簡単ですが、止めてしまうのも簡単。
ひとつひとつの問題をクリアしていくために、かなりの時間や労力を要するので、ほとんどの人は途中で挫折してしまうのです。
試験に合格する前にムダな時間を過ごしてしまうのだったら、さっさと試験をパスして次のステップに進んだほうが得策だとは思いませんか?

少々の出費を覚悟してでも、通信講座などを受講して試験対策を立てるのが、一番手っ取り早く合格する方法ではないかと思います。



現役行政書士30名が語る「資格取得のメリット」とは?

>>【特集】行政書士の実務インタビュー(提供:フォーサイト)