行政書士の試験ガイド

試験の概要を知って、合格への第一歩を踏み出そう

それでは、実際にどのような試験が行われるのか、
行政書士試験の概要を見ていくことにしましょう。
この試験は、毎年7万人近くの人が受験する人気の試験です。以前は法律系国家資格の登竜門と言われていましたが、近年は難易度が高くなってきていて、合格率もここ数年は10%を割る低い数字で推移しています。

行政書士試験の概要

財団法人行政書士試験研究センターから発表されている、平成21年度試験の概要を抜粋してご紹介しています。試験についての詳しい内容は、
公式HPでご確認ください。

●受験資格
年齢、学歴、国籍等に関係なく、だれでも受験することができます。

●試験期日
11月第1週日曜日

●試験の科目及び方法
①試験の科目
・行政書士の業務に関し必要な法令等(出題数46題)

憲法、行政法(行政法の一般的な法理論、行政手続法、行政不服審査法、行政事件訴訟法、国家賠償法及び地方自治法を中心とする。)、
民法、商法及び基礎法学の中からそれぞれ出題し、法令については試験年度の4月1日現在施行されている法令に関して出題します。

・行政書士の業務に関連する一般知識等(出題数14題)
政治・経済・社会、情報通信・個人情報保護、文章理解

②試験の方法
試験は筆記試験によって行います。
出題の形式は、「行政書士の業務に関し必要な法令等」は択一式及び記述式、「行政書士の業務に関連する一般知識等」は択一式とします。

・記述式は40字程度で記述するものを出題します。

●合格基準
次の要件をいずれも満たしたものを合格とします。

ア 行政書士の業務に関し必要な法令等科目の得点が、満点の50%以上である者。
イ 行政書士の業務に関連する一般知識等科目の得点が、満点の40%以上である者。
ウ 試験全体の得点が、満点の60%以上である者。

・合格基準については、門段の難易度を評価し、補正的措置を加えることもあります。



現役行政書士30名が語る「資格取得のメリット」とは?

>>【特集】行政書士の実務インタビュー(提供:フォーサイト)