法律系士業を徹底比較しよう

さまざまな分野の複雑な手続きを代理で行う専門家

法律関係の資格はたくさんありますが、それらの職業の方が実際にどのような仕事をしているのか分かり難いと思いませんか?
弁護士や税理士などは業務内容が幅広く認知されていますが、弁理士や公認会計士には、あまり接したことがない人も多いことと思います。

そこで、行政書士と司法書士を含む法律系士業についてその仕事内容を分かりやすくまとめてみました。 資格取得の参考にするとともに、困った時にどの人に依頼したらよいのかが人目で分かるようになっていますよ。

法律系士業 お仕事比較一覧表

 

             仕事内容

弁護士

訴訟手続きなどさまざまな法律に関するトラブルを解決。身近な仕事では、借金の整理、離婚の調整、相続の処理など。

司法書士

不動産取得や会社設立の際の登記手続き代理、少額訴訟などを行う。簡易裁判所における140万円以下の訴訟代理も行うようになった。

行政書士

役所に提出する許認可申請の書類作成や提出手続き代理、契約書などの作成代理を行う。業務範囲が広いのが特徴。

社会保険労務士

社会保険に関する書類作成や手続き代理、企業の労務管理に関する相談指導を行う。例として労災や健康保険の申請、助成金の申請など。

税理士

税務代理、税務書類の作成、相談などを行う。例として、確定申告や税務調査の立会い、財務書類の作成、会計帳簿の記帳代行など。

公認会計士

会計に関する監査業務、調査、立案、指導を行う。例として、企業財務の監査、M&A、株式公開、経営コンサルティングなど。

弁理士

国内外における工業所有権の取得などを行う。例として、特許権、実用新案権、意匠権、商標権の出願や登録、変更の手続きなど。



現役行政書士30名が語る「資格取得のメリット」とは?

>>【特集】行政書士の実務インタビュー(提供:フォーサイト)