司法書士とは

法的文書作成のスペシャリスト! 弁護士の業務を行うことも!

司法書士の主な仕事のひとつとして挙げられるのが、登記業務。
例えば、土地や建物を購入するときに司法書士さんにお世話になったという人が多いはず。
土地や建物の売買をする際は、所有権を売主から買主に移す必要がありますが、この所有権移転の登記手続きを代行するのが司法書士です。
登記業務は不動産登記だけに限らず、会社設立の際には法人登記が必要になりますし、会社の重要事項が変更になるたびにそれを登記に反映させなければならず、それらの手続きを代行する専門家が司法書士というわけです。

さらに、研修を受けた認定司法書士なら、簡易裁判所で審理される140万円以下の事件について、弁護士と同じ業務を行うこともできます。
弁護士と同じように依頼主の代理人となって、相手と交渉や調停を行ったり、裁判を起こすこともできるのです。

司法書士が行う業務をまとめてみると以下のようになります。

  1. 不動産登記や商業登記などの登記業務
  2. 企業法務、相続、債務整理などについての書類作成業務
  3. 簡易裁判所で審理される140万円以下の法律事件の解決

1番の業務については司法書士の独占業務ですが、2番と3番については、弁護士の行う業務と重なっている部分があります。
司法書士は、遺言書や相続関係の書類、協議離婚の際の離婚協議書のほか、内容証明書や契約書の作成なども行いますので、
その点は行政書士の仕事とも重複することになりますね。
それでは、次のページでは行政書士と司法書士との違いについて考えてみたいと思います。



現役行政書士30名が語る「資格取得のメリット」とは?

>>【特集】行政書士の実務インタビュー(提供:フォーサイト)