行政書士について

膨大なジャンルの行政書類をさばく! 最も身近な法律家

行政書士は、その名の通り
行政へ提出する書類に関するスペシャリスト

例えば、飲食店などを開店するときにはお役所への許可申請が必要になりますが、そんなときに依頼主に代わって書類を作成し、
提出することができます。
ほかにも、会社設立や建設業や産業廃棄物処理業など特殊な業種の許認可申請、外国人のビザ申請など、あらゆる書類を作成して申請するのが主な仕事です。
さらに、遺産相続や遺言書の作成に関するアドバイス、
内容証明や細かな契約書の作成などもできますので、
取り扱う書類の数は数千~1万種類にも及ぶと言われています。
その主なものを書き出してみましょう。

  • 車庫証明など自動車関連
  • 交通事故の損害賠償請求
  • 会社設立
  • 建設業許可関係
  • 産業廃棄物許可関係
  • 風俗営業許可関係
  • 農地法関係
  • 会計記帳業務
  • ビザ申請など国際業務
  • 土地利用関係
  • 相続・遺言関係
  • 各種契約書の作成

ただ、業務の範囲があまりにも広いので、大抵の行政書士は自分の得意なジャンルや専門ジャンルに特化して仕事をしているのが現状。
他の行政書士が手を付けていないジャンルなどを選択して、
うまい具合に差別化が図れれば、収入がグンとアップします。

さらに、他の士業に比べて業務範囲が広いので、どの士業に頼めばよいのか分からない案件がとりあえず飛び込んでくる“士業の窓口”的な存在となることも。最も生活に密着した法律家とも言えますね。



現役行政書士30名が語る「資格取得のメリット」とは?

>>【特集】行政書士の実務インタビュー(提供:フォーサイト)